経審 個人事業者

滋賀県に提出された、建設業の経審申請書類の

記載事項、添付書類の確認業務を日々、行っています。

 

現在は、期間:平成28年1月~12月。

12月決算の個人事業者様です。

 

書類を確認していて感じるのは、契約書の

不備が結構あることです。

 

建設工事の請負金額の確認に時間のかかることが大変多いです。

     《 事務所玄関横のツツジ 》

      

 業者様の中には、何度も電話などで問合せがあった方も多いかと思います。

 

 ◗建設業法第19条により契約時の書面交付が義務づけられています。

  (書面に代えて電磁的措置も可。2001年IT書面一括法の施行により)

 

 ◗ポイント(請負金額の確認)

  1、契約書、注文書はこの1枚で確認書類となる。

  2、請書・請求書の場合、入金確認のできる通帳のコピー、領収書等が必要。

    (請書+通帳コピー、請求書+通帳コピー)

  3、工事経歴書に記載する請負金額は税抜の場合、小数点以下は切捨て(四捨五入はダメ)

  4、工事経歴書と契約書の工事名は一致すること。

 

 ◗ポイント(建設機械について)

  1、自社で点検している場合、建設機械の検査資格者証(合格証)の添付が必要。

  2、期中に検査していることが必要。(製造番号を記載してください)

  3、所有権限のわかる書類添付が必要。

 

  このブログを、業者様が読んでくださることを願って書きました。

 

  よろしくお願いします。