遺言の書き方

 

遺言で子どもを守りたい。

 

自分(母親、仮にMさん)が亡くなった後、未成年の子の為の学資貯金を夫(父親、仮にPさん)が勝手に使ってしまわないか心配。遺言で何とか、夫が自由に貯金を使わないようにする方法はありませんか?

 

難題です。MさんとPさんが離婚しており親権者がMさんである場合は民法839条より遺言で親権者の指定ができます。しかし

   《2羽のカイツブリ、仲良し》       婚姻中であり、離婚の予定もない。となると、

                        親権者はPさんになってしまいますよね。

親権者=法定代理人ですものね。心配の種はここなのです。

実親がおり親権を行うことができるので、未成年後見人を付けることも無理だと思います。

 

MさんはPさんを親権者にしたくないというのが希望です。そこで遺言を書いておこうと

思われたのです。

 

考え方はいろいろあると思いますが、私は、子どものための学資貯金を子どもに渡したい

という意思を遺言として、さらに遺言で「遺言執行者」を指定して相続財産の管理を任せることが

良いのでは考えました。

(子ども名義の貯金が夫婦共有財産か否か等は無視しています。)

 

あと1つ考えられるのは、信頼できるMさんのご両親と子どもさんの養子縁組をすることでしょうか。

そうすると、親権者はMさんのご両親になります。

 

おそらく、何か理由があって、Pさんを信用できないところがあるのでしょうね。

だから、愛情深いMさんは子どものことが心配でたまらない。何となく、理解できます。

 

 曹洞宗のお坊さんの本に「心配ごとの9割は起こらない」とあります。

 

 自分が健康で、子ども(ついでに夫も)も健康であればOKです。

 そのうち、子どもは成人して親から離れていきます。これ経験です。