滋賀県の自転車条例

 

平成28年2月26日から滋賀県でも

「自転車条例」(安全で適正な利用に関する

条例)が施行されています。

 

更に平成28年10月1日から「自転車保険加入」が義務化されます。

 

兵庫県が一番早くて、平成27年に、条例施行、加入義務化がなされています。

大阪府は既に施行されていますが、義務化は7月1日からです。

   《桜の木・サクランボが実っています》 

  

 兵庫県が、制定施行、義務化が早かったのは、平成20年9月22日の、当時小5(11歳)の少年

 がおこした自転車事故の影響が大きいと感じます。

 

 平成25年に判決が出ていますが、少年の母親に対して約9500万円の賠償を命じています。

 母子家庭なのかな?両親に対してではないんですね。

 

 判決理由は弁護側の「母親は、常にライトの点灯、ヘルメットの着用を指導していた」という

 主張に対して、「少年は事故時、ヘルメット未着用で指導や注意が功を奏しておらず、母親が

 監督義務を果たしていない」として母親に約9500万円の賠償を命じたものです。

 この時の自転車のスピードは時速20~30キロ(下り坂)で正面衝突です。

 自転車もすぐには止まれませんね。

 

 被害者の60代の女性は未だ寝たっきりで意識が戻らずの状態だそうです。

 

 今年の1月22日に大阪府警は自転車一斉取り締まりをしました。

 交通切符(赤切符)を54人に交付しています。赤切符は刑事処分の対象です。

 

 この一斉取り締まりを滋賀県でもするらしいです。いつするかはわかりませんが近々

 らしいです。

 自転車に乗られる方は常に、自転車の交通ルールを守ってくださいね。

 

 さて、義務化される「自転車保険制度」ですが

 年間保険料が、1000円、2000円、3000円の三種類のプランがあります。

 

 相手に対する補償が、5000万円~1億円、自分(+家族)の傷害に対する補償など

 プランに応じて、差があるようです。

 

 滋賀県の幹事引受保険会社は「損保ジャパン日本興亜」です。

 ただ、この保険に加入しなくても罰則はありません。

 

 現在加入中の「自動車保険」「火災保険」等に特約で「個人賠償責任保険」を付加契約

 していたら、「自転車保険」は不要です。

 

 一度、ご自身、ご家族の保険証券を確認してみて下さい。

 

「滋賀のけんみん自転車保険制度」の問合せは

                   ☎ 0570-031965へ