マイナンバーの使い方

 

迫ってきましたね。あと2週間でマイナンバー制度が

運用開始となります。

通知カードはもう届いていますか?

通知カードと個人番号カードは違いますが、紛らわしい

です。

 

サラリーマンの方なら、会社から年末調整の為の「平成27年分 給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者

特別控除申告書」と「平成28年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の2枚が配布され、同時にマイナンバーの提出用紙もあったのではないでしょうか。

 

ところで、「平成28年分の扶養控除等申告書」には、マイナンバーの記載欄がありましたね。

 

《大津パルコのクリスマスツリー》   ここにマイナンバーを記入するべきでしょうか?

                 正確には、「記入しなくてよい」です。平成29年分から

記入すればよいのです。しかし、記入欄があると、書きたくなりますよね。

このマイナンバーの使い方です。

①社会保障(年金、労働、医療、福祉)

②税(源泉徴収票、保険会社、証券会社等)

③災害対策

 

この三つの分野の中で法律や自治体の条例で

決められた行政手続きでしか使用することは

できません。

「個人情報保護法」と違うところは、「本人の

同意」があったとしても、法律で認められる場合

以外でマイナンバーの提供や利用はできません。

《京都駅中央出口のクリスマスツリー》    そして、①の社会保障については年金漏れの問題が

あったので、雇用保険を除いて、平成29年1月1日から運用予定でしたが、更に遅くなるようです。

なお、健康保険、厚生年金保険でも新規適用届等については、法人番号は平成28年1月1日提出分

から記載することになります。

マイナンバーに関しては、まだ、まだ書き足りないことが多くあります。次の機会にです。

 

 各企業の担当者様に向けて、マイナンバー制度のアドバイス研修もいたしております。

       あおい行政書士事務所、廣瀬美和子までお問い合わせください。