マイナンバー制度

 今年10月に全国民に番号が付けられ通知されます。運用は平成28年1月からです。

 

 住基ネットと違い地方自治体に拒否権はありません。

 便利なシステムかもしれません。が、インターネットの世界ですし、情報の安全は個人的に非常に

 不安で危惧しています。高齢者の方たちは使いこなせないと思うのです。大丈夫でしょうか。。。

 

 現在利用予定は、

 ●社会保障(年金、労働:ハローワーク:雇用保険等、)

 ●福祉・医療(生活保護等、医療保険料徴収:国民健康保険、健保組合)

 ●税金(確定申告等)

 ●災害対策 

  です。

 

 個人的に興味があるのは「税金」で、現在、銀行等は、法定調書を税務署に提出しています。

 

 内容は金融機関や企業が個人に対して何の対価として、いつ、いくら払ったかを税務署に報告する

 支払調書が主で54種類あるようです。

 

 このデータは国税庁が全税務署と結んで展開するKSK(国税総合管理)システムに蓄積され、

 必要に応じて住所、氏名で「名寄せ」し個人の記録を検索し、出力するのです。

 

 税金は絶対徴収するの感がでてますねぇ。国の財政基盤ですから、脱税には厳しい対応をです。

 

 銀行と言えば、預金口座にマイナンバーをつけるという案が今国会に提出されるそうです。

 現法律では付番できないので。国はどこまで個人を管理したいのでしょうか????

 そうなると、預金者も減るでしょう(憶測ですが・・・)

 憲法13条、基本的人権の尊重、プライバシー権は有名無実ですか?憲法は国の最高規範ですよね。

 以前、同じような案が提出されたようですが、成立しませんでした。

 今国会は注目したいと私は思っています。

 

 もう一つ、今国会に「個人情報保護法」の改正案も並行して提出されるようです。

 

「個人情報保護法」では保護されなかった「死者」の情報ですが、マイナンバー制度では

 亡くなった方のマイナンバーも保護の対象となっています。

 

 マイナンバー制度は決まったことなので、今更変えることはできませんが、最近の法律って

 知らない間に変わっていることが、多いように思います。

 貴方はどう感じますか?????

                                 ― 日本経済新聞参照 ―