相続


今年の1月1日から相続財産の基礎控除額が以前の6割に減りましたね。

 

基礎控除が5千万円から3千万円になり、加えて相続人1人の控除額が1千万円から600万円になりました。

配偶者と三人の子どもがいると、以前なら

9千万円の控除があったところを、5千4百万円

に減額されました。

 

私の周りには関係のない変更だと思っていたら

先日、知り合いから相続の相談があり、大いに関係ありの変更だったことが判明しました。

 

両親は今は未だ健在だが高齢(ともに92歳)のため、財産を税理士にに調べてもらったところ、土地だけで2億円、あとは預貯金、建物(アパートを2つ含む)だそうです。

 

父親が先に亡くなると、配偶者と子ども3人で法定通りの相続をするとのこと。

配偶者には相続税はかからないので、1/2は非課税、残り1/2×1/3=1/6づつにそれぞれ

相続税がかかることになります。3千万以下なら15%、5千万以下なら20%、1億以下なら30%

です。高っかーい!!!!仮に3千万として450万円の相続税ですが、3千万なら50万円の控除があるので、450-50=400で400万円の相続税を納めることになります。

 

よく聞くことですが、相続税のかかる財産相続では、不公平な遺言がない限り、相続人間で

揉めません。税金払うより、分け合ったほうがいいと思うんでしょうね。

 

反対に、相続税のかからない相続については、揉めることが多いです。どの相続人も少しでも

多く自分に欲しいと考えるんですね。だって、税金がかからないのですから。

 

相続税対策も考えました。生命保険に親が加入する(養老保険):これはFPの方に教えてもらいました。ただ、この事案の場合、年齢が92歳なので該当せず。保険って80歳までしか加入できないんですよね。。あとは預金を使って減らしておく。土地は分筆しておく(財産が分けやすくなるように)。

借入をしておく。これらはすべて被相続人名義でしておくのです。

まだまだ、考えたらあるかもしれません。行政書士の私ではこのくらいしか考えつきません


相続税のかかる遺産相続をした場合、10ヶ月以内に相続税を現金で支払わなければいけません。

税務申告が必要なのです。

相続税のかからない遺産相続は当然、税務申告は必要ありません。