ペット禁止マンション

 

西武大津店横の木々が紅葉し、風に吹かれて

舞っています。

 

夏の間、開け放し状態だった窓も閉めることが

多くなりました。

朝晩はめっきり寒くなってきました。

 

マンションでのトラブル。結構あります。

 

その中で、ペット禁止マンションのトラブルについてのお話。

鳴き声と臭気がほとんどですね。

おそらく飼育している方は気にならないので、気づいていないのかもしれません。

ただ、ペットを飼っていない方(動物嫌いな方は特に)は気になりますよね。

 

私の場合ですと、鳴き声より臭気が気になります。鳴き声は1日中は続きませんが、臭気は1日中です

から。鼻について取れませんね。臭い靴下の臭いと同じです。

 

しかしながら、入居時にペット禁止マンションだと知っているはず(管理規約を渡されますから)

なのに、なぜ飼われるのでしょうか。家庭生活に不満があり動物に癒してもらっているのでしょうか?? 寂しさで飼われるのでしょうか??

子どものいる方は、子どもにルールを守らない教育をなさっていますね。

 

理由の如何を問わず、これは「管理規約違反」です。

ただ、「規約違反ですよ、このマンションはペット禁止です」の張り紙をしても効果は無いようです。

これは管理組合が本気で取り組まないとだめですね。

 

知り合いの弁護士に尋ねたところ、理事長の名前で裁判所に提訴するということを、違反者に通知することかなと仰ってました。そのくらい強気でいかないと、状況の変化は期待できないと。

 

「ペット飼育禁止の規定に基づく飼育の差し止め訴訟」

提訴理由は「管理規約・目的・区分所有者の共同の利益を増進し、良好な住環境を確保することを

目的とする」の条文です。

現在、損害がなくても(あれば損害賠償問題になる)目的となる根幹部分で違反している事が問題なんです。

 

ペットを飼っている該当者に通知後、提訴するかどうかは別問題です。

まずは、行動することが大事なんです。

 

私の印象ではペット禁止と知りつつ飼っている方は、コソコソしています。

そしてなんか横着。のような気がします。あくまで個人の感想です。ご容赦を。

 

マンション管理規約の効力を認めた判例があります。

平成6年3・31 東京地裁 ◆ペット飼育者が敗訴しています。

ペット飼育の判例は多くありますが、いずれもペット飼育者側は敗訴しています。

 

共同住宅は共有部分がほとんどです。共有財産の価値を貶めないためにもルールは守るべきです。