離婚後の姓(名字)について(2014・07・07分再掲示)

  最近、気になった事柄がある。

 (妻の側から、離婚後も婚姻時の夫姓を名乗る場合を書いています)

 

   離婚した時、復氏せず名字は婚姻時のまま(夫姓)にしたが、後悔しているというもの。

  事情はそれなりに「なるほどね」と思えるものです。

  しかしです。よく考えてください。離婚するということはほとんどの場合、愛情がなくなった、

  顔も見たくない、

  ご飯も作りたくない、etc.でしょう。つまり大っ嫌いになったからでしょう。

 

 復氏しない方は、子どもの為という理由が最も多いですね。学校の問題ですよね。

 親は名字が変わったら離婚が知れて

 いじめに遭うのではないかと心配しますものね。

 15歳未満の子どもなら親権者の申し出で、比較的容易に改姓、母親の戸籍に入れます。

 20歳になれば、自分の意志で元の姓に戻ることもできます。

 

 ただ、妻の場合は違います。離婚と復氏(結婚前の姓に戻る)はセットです。

 夫の姓を名乗るということは、旧姓から

 新たな姓へ改姓の手続をしたということになります。

 

 時が経ち、いつまでも元夫の姓で呼ばれることにストレスを感じ、

 嫌でたまらないとおっしゃる方がでてきます。そりゃそうでしょ。

 嫌いだから離婚したのに、いつまでも元夫の影響を受けている感は否めませんよね。

 名字だけですが…(戸籍は元夫とは無縁の別戸籍です)

 

 そこで、旧姓に戻りたいとなるわけですが、この手続きには家庭裁判所の許可が必要です。

 時間と労力はかかりますが、やむを得ない事由

 必要性があれば家裁は許可してくれます。

 一般的には、他の氏変更よりも認められやすい傾向にあるようです。

 

 離婚を考えている方、離婚届けが未だの方は姓を決めるのに3か月の期間があります。

 もちろん離婚届けと同時にすることもできます。

 よーく考えてから、名乗る名字を決めてください。

 

 もし、あなたが新しい方と出会って結婚し、不幸なことに、また離婚しても戻れる姓はその前の姓

 です。ご両親と同じ姓には戻れません。

 

 離婚して復氏せず、数年経ってから後悔しているという女性のお話を聞いたので、書いてみました。

 もちろん、後悔してない方もいらっしゃると思うので、一つの例です。


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Brooke Sinha (金曜日, 03 2月 2017 16:56)


    Hello! Would you mind if I share your blog with my myspace group? There's a lot of people that I think would really appreciate your content. Please let me know. Many thanks