5、物件(物損)事故で届けたあと、首から肩にかけて張ってきた場合(軽い追突事故等)

 ①病院へ行く(受診の旨、加害者に連絡をしておく)

 ②症状が軽く1~2回の通院で終了

 ③交通事故証明書は「物件事故証明書」なので「人身事故証明書入手不能理由書」を添付する

   (自賠責保険引き受け損害保険会社から送られてくる。ない場合は請求する)

 理由は「受傷が軽微で検査通院のみであった為」「受傷が軽微で短期間で治療を終了した為」等

 ④上記書類を含む必要書類を損害保険会社へ送付する

 ⑤損害保険調査事務所が調査し結果を損害保険会社へ報告する

 ⑥損害保険会社は報告を受け支払額を決定し請求者に支払う

 

 「人身事故証明書入手不能理由書」は事故時は何ともなかったが少し時間が経って体が痛み出した

 場合等、人身事故を証明する交通事故証明書が存在しない為、実際は人身事故だったにもかかわらず

 人身事故届が出ていないことの、正当な理由を報告するための書類です。

 この「人身事故証明書入手不能理由書」を提出することにより、物件事故届をしていても

 自賠責保険の請求ができます。

 身体の症状が重いようなら「人身事故」へ切り替えてください。

         

     お問合わせは  TEL:077-522-3646

              FAX: 077-575-5820  メールはこちら