経営業務管理責任者の要件が緩和されました

 

                       (平成29年6月1日施行)

 

経管の経験として認められる地位が追加されました

 

1、許可を受けようとする建設業に関し

  組合理事、支店長、営業所長、支配人に次ぐ職制上の地位に5年以上の経験があった者も

  補佐経験として認める

 (副支店長、営業所次長等として5年以上の経験があれば経管の経験として認める)

 

2、他業種における執行役員の経験を認める

 (許可を受けようとする建設業以外の建設業の経験も認める)

 

  ※執行役員(取締役設置会社):特定の事業部門全般に関して業務執行権限の

   委譲を受ける者で、取締役会によって定められた業務執行方針に従い、

   代表取締役の指揮、命令のもとに具体的な業務執行に専念した経験を持つ者

  

3、3種類以上の合算評価の実施(経営経験の経験年数合算)

 

  経管の要件として認められる経験は

  ①許可を受ける業種 ②他業種 ③許可を受ける業種の執行役員 ④補佐経験の4種類。

 

  今までは、経験年数を合算できるのはこの4種類のうち2種類までだったが数を限定せず

  合算できる(4種類合算も可能)

 

4、他業種経験等の「7年」を「6年」に短縮

 

  上記2の経験及び補佐した経験についても、同様に「6年」とする

 

                         ━ 建設業許可事務ガイドライン参照 ━

    

     

   

 

   お問い合わせは ☎  077-599-4555  

           FAX 077-599-4556 

           メールはこちら

 

                           詳しくはこちらをご覧ください