「症状固定」ということばの意味

 

医学的見地での「症状固定」とは

傷病の症状が安定し、医学上、一般に認められた医療を行っても、その医療効果が期待できなくなった状態。つまり、その傷病の症状の回復、改善が期待できなくなった状態を言います。

 

他方、保険会社等の賠償関係から見る「症状固定」とは、賠償期間の終期を意味することに

なります

 

賠償期間の終期」とは

 

1、治癒 症状が治った(治癒した)

   ◗損害内容は「事故から治癒」までの期間を傷害分の損害として傷害慰謝料の

    損害賠償請求をします。

 

2、症状固定

 

   ●後遺障害等級認定が、された場合

    ◗認定された等級に応じて後遺障害慰謝料と傷害慰謝料を合算し、

     損害賠償請求をします。

 

   ●後遺障害等級認定が、されなかった場合

    ◗治癒と同様に傷害慰謝料のみの損害賠償請求となります。

 

   事故当初から一貫して継続している症状があり、後遺障害等級認定請求を考えるなら、

   何より病院通院が大切です。

  「めんどうなので、このくらい我慢しよう」と考えずに、病院で診察、

   リハビリを受けることです。

 

   神経症状の場合、基本的に6ヵ月以上の治療期間が必要とされています。

 

3、いずれにしても「症状固定」によって賠償期間は確定し、「症状固定」以後の、治療費、

  通院交通費、休業損害、入通院慰謝料等の損害賠償請求は基本的にできなくなります。

 

  保険会社の担当者から「症状固定にしてください。治療費も払えません。」と言われたら

  ご自身の症状について、医師とよく話し合い、継続している症状があるなら、治療を継続し

  後遺障害等級認定請求も考えるべきでしょう。

 

  加害者側(保険会社等)から示談書を提示された場合、冷静な判断が必要です。

 

        詳しいお問い合わせは☎077-599-4555へ