今年(平成29年1月1日)から

雇用保険の適用が拡大されました。

 

現在、事業者様の経営事項審査申請書の審査確認作業を行っています。

 

散見されるのが65歳以上で、技術者名簿に記載された方の雇用保険加入証明書の不備です。

 

★ 適用要件に該当する65歳以上の

  労働者を雇用した場合の適用例

 

        《琵琶湖のマリーナ》

 

1、平成29年1月1日以降に新たに採用した場合

 

  採用した時点で「高年齢被保険者」となる

  採用した日の属する月の翌月の10日までにハローワークに届出が必要。

 

2、平成28年12月末までに雇用し、平成29年1月1日以降も引き続き雇用している

  場合

 

  平成29年1月1日より「高年齢被保険者」となります。

  届出は平成29年3月31日までにすればよかったのですが、期限は過ぎています。

  直ぐに、ハローワークに届出をしてください。

  年齢は、65歳以上で雇用保険未加入だった方です。

 

3、現在、「高年齢継続被保険者」の方は手続き不要。自動的に「高年齢被保険者」

  となります。

 

  事業主、労働者の希望(雇用保険に加入したくない)の有無に関わらず、

   要件に該当すれば必ず適用となります。

 

  雇用保険適用要件   1週間の所定労働時間が20時間以上あり、

 

              31日以上の雇用見込みがあること

 

 

  雇用保険料は平成31年度まで免除されます。

 

  ◎参考

 

  高年齢求職者給付金(失業給付金)は一括給付(一時払い)です。

  働いた期間が6ヵ月以上の場合  平均日額(50~80%)の30日分

  働いた期間が1年以上の場合   平均日額(50~80%)の50日分

 

  退職後、次の新しい職場で、6ヵ月以上(又は、1年以上)働いて退職しても

  高齢求職者給付金は、何度でももらえます(働く意思があれば)。

 

  高年齢被保険者の雇用(失業)保険に年齢の上限はありません。

  70歳でも80歳でも加入できます。

 

  因みに、年金と高齢求職者給付金は併給できるようです。

 

  該当の技術者を雇用されている事業者様は「経営事項審査申請書」を出される前に

  一度、ご確認いただきたいと思います。

 

 

                     ーーー 厚生労働省HP参照 ーーー